M&Aという選択

後継者がいない

高齢化社会の到来が叫ばれています。企業の経営者にも高齢化の波が押し寄せています。
国内の中堅中小企業において、経営者が高齢化しつつも、事業を託す後継者の不在に直面しおられる会社が増加しております。この後継者不在の問題を抱えられる経営者に対して我々はM&Aによる事業の継承をご提案いたします。
我々は、会社を次世代に引継ぐ事業の継承を円滑に実現するため様々なストラクチャーを用意し、経営者の方と相談しながら、最適の解決を実現いたします。

成長に限界を感じている

起業して一定期間がたったが、成長の踊り場にある企業の経営者の方々に我々はM&Aによる成長機会の実現をご提案いたします。 自社単独の経営資源では、投資も人材の獲得も難しいと感じていいらっしゃるなら、経営のノウハウを持ち、財務的に健全な有力企業とのM&Aによる資本提携が有効な課題解決の手段となります。
経営者の思いを実現し、会社を次のステージに導くために我々は、専門家集団として組織的にサポートし、お役に立ちます。

地域との繋がりを大切にしたい

地方には、長く地域で事業を営んできて、地域とともに成長してきたという思いをお持ちの経営者の方々が少なくありません。地域経済の活性化が叫ばれておりますが、現実は後継者不在等様々は理由により廃業する企業が続出しております。
地域の雇用、取引先との関係を大切にし、会社の存続を第一にお考えの経営者に我々はM&Aによる課題の解決を提案いたします。 会社を引継ぐ事に成功すれば、社員の雇用は引継がれ、長年の会社が地域で果たしてきた役割も引き継がれることになります。

金融機関との関係

多くの場合、M&Aが実現すれば経営権が移動します。経営権の移動とともに経営者は金融機関に負っている会社借入金の個人連帯保証から解放されます。長年、会社の資金繰りで苦労されてきた経営者の方々は、資本提携企業の財務的信用力を背景に資金繰りに費やしてきた時間から解放されることになります。

社員雇用を担保したM&A

多くの経営者からM&A後も自社社員の雇用が継続されるか心配される声をお聞きします。
たしかに、買収後のリストラによって社員が削減される事例も少なからずあります。
このような不安を解消するため、当社は社員の継続雇用及び雇用条件の交渉支援を通じて、社員の皆様にとっても最適なご提案を実現いたします。